無垢フローリングにスチームクリーナーはダメって本当?使って驚きの結果に

無垢フローリングのお手入れにスチームクリーナーを使うとどうなるか気になる方にお伝えしたい記事です

無垢フローリングは水ぶきしていいの?スチームモップは?悪いの?どっちなの?

このように無垢フローリングのお手入れに迷われてる方は案外多いのではないでしょうか?

木が長時間水に浸かっているとカビるし腐るし、そんなイメージがあるからなのか木と水は天敵!みたいな思い込みすらあるくらいです。

私自身お手入れ方法が良くわからなくて長年迷っていましたし失敗したらえらいこっちゃと思い切ったことができないでいました。

みき

今年になって初めてスチームクリーナーを床掃除に利用してみたんだけど大満足の結果となりました。

もっと早く使えばよかったよなー

本当にもっと早く使えばよかったと思いました。無垢フローリングに対する誤解をしていた気がします。

ハッキリ言って無垢でも水ぶきは全然OKなのです。手早くやってしまえばトラブルになることもないはず。

凹んだ床を元に戻す時スチーム(少量の水)×アイロン使ったりするっていうもんな。板に高温の相性は悪くないってことか

みき

よく考えたらお寺のお坊さんは毎日長い廊下を水ぶきしている、そんな風景を思い出したわ。ピカピカつやつやできれいだよね

実際にどれほどキレイになったのか早く見ていただきたいので早速話を進めていきましょうー!

目次

無垢フローリングを実際にスチームクリーナーで掃除してみた

築13年の杉板フローリングを見ていただきます。

スチームクリーナーで驚きのクリーンアップ効果!

専用の液体使った水ぶき以上のお手入れは初めてだったかも。早速どうぞ!

ただの水拭きではとれなかった黒ずみ

よく歩く場所。コップの飲み物をこぼしても放置する輩(腹の出た父さん)のしわざで水滴跡が多い(泣)

もう説明はいりませんよね。

とにかく効果大です!!なぜ今まで躊躇してやらなかったのかと後悔しまくりでした。

使いかたさえ気をつければ無垢フローリングでもスチームクリーナーで掃除するのは断然おススメできます。

初めて使用する時は汚れが酷いので何度もパッドを洗う手間がかかるのは否めないけれど。

みき

スチームクリーナーを使ったあとは必ずワックスがけしておきましょう。

床面をお肌にたとえると、美容サロンの美顔器か何かでガッツリ毛穴の汚れを取ってもらったりシェービングした後は必ずしっかり保湿パックしてくれますよね。

ひと皮むけた新しいお肌(床)にはしっかり保湿クリーム(ワックス)を塗ってあげましょう。すると間違いなく艶が出て若返ります。

こちらはイメージです

我が家のフローリングはオスモカラーのクリア塗装にしているのでそれに合わせてオスモのワックスを使用しています。よく伸びるので使いやすいです

蜜ろうワックスも良さそう

スチームクリーナーでトラブル?使い方には注意が必要

先ほど使い方に気をつければと言いました。

おもしろいようにキレイになるものだから、何度も何度も往復させてるうちに溜まった汚れなのか木の繊維質なのか分からなくなってしまいまして。

ポロポロ汚れ?が出てくるのがおもしろくてやりすぎたー

一部分、床面が毛羽立ってしまいました。

遠目で見てもほぼわからない程度

実際にはそれほど気にならないんですが、近くで見て触るとザラザラしている感じです。

ささくれているわけではないので素足で歩いても何の問題もない程度です。

トラブルを避けるためには床面をびちゃびちゃにしない
作業を休憩している間に水がポトポト出てくる時があるのですぐに拭く
できるだけ早く乾燥した方がいいので雨の日などは避ける
必要以上にこすらない

みき

ひとりで作業していたので面倒だけどスチーム掛けと乾拭きをくり返すようにしていました

無垢フローリングが毛羽立った場合の対処法

トラブルが起きても慌てず。セルフメンテナンスできるのも無垢の良さです。

ホームセンターでサンドペーパーを買ってきました。実際に買ったのはスポンジタイプのもの

これで軽くこするだけでかなりつるつるになりました。

サンドペーパーにはたくさんの種類があって正直買う時迷いました。

今回選んだのは細目#240ですがもっと目の細かいものでもよかったと思ってます。売り場で見つけられなくてこれにしたけれど。

板の状態によってはもう少し目の粗いものを使ってから、細目で仕上げするというのがいいと思います。

もちろん、やすり掛けの後はワックスを忘れずに

無垢フローリングにおススメのスチームクリーナー&スチームモップは?

高温の蒸気の力を利用して洗剤なしで汚れ落とし・殺菌などができるすぐれもの「スチームクリーナー」

床掃除には使えないハンディタイプについては今回は置いといて、モップ型のものとキャスター型のものとを比較してみます。

床掃除に最適化:モップ / スティックタイプ

モップもしくはスティックタイプは最初から床掃除に特化しているので使いやすいのが一番の特徴

選ぶときここに注目

がっつりたまーに掃除か日常使いか
加熱方式はどっちか
重量・タンクの容量…など

ボイラー式
パネル方式
  • 高温(100℃)で高圧
  • 洗浄能力高い
  • 待機時間長め
  • 途中で水足しNG
  • 比較的高価
  • ボイラー式より低温(80~90℃)低圧
  • 待機時間短め
  • 水足しOK
  • ボイラー式より安価

普段から頻繁に使用したい場合は使い勝手の良いパネル方式
たまにしっかり掃除したい場合は高温でパワーのあるボイラー式がよい

ボイラー式

パネル方式

¥9,130 (2022/08/10 15:00時点 | Amazon調べ)

家中どこでもオールラウンダー:キャニスタータイプ

キャニスタータイプはコードのついた掃除機みたいな形をしています。アタッチメントを替えるだけでどこでも使えるので床掃除以外にキッチンの油汚れが気になるところなど広範囲に使いたい時に選ぶと良い

キャニスタータイプとスティックタイプの比較

キャスタータイプ
スティックタイプ
  • 大きく重量もそこそこある
  • 家じゅうの掃除に使える
  • タンク容量が大きめ
  • ボイラー式
  • 形がスマート
  • 床掃除専用
  • 容量小さめが多い
  • ボイラー式、パネル方式

スティックタイプには様々なタイプがあるので単純な比較が難しいですが、どこで使いたいかで選ばれるといいと思います。

キャニスタータイプ

スティックタイプ

ケルヒャーのスチームクリーナーを使ってます

うちでは万能なキャニスタータイプを使用しています。

ボイラー式 / タンク容量0.8ℓ / 重量3.8㎏

とはいえ、もう10年以上前に買ったもので活躍したのは最初のころだけ(トホホ)

フローリングの掃除に使ってみたいけど失敗するのが怖くてなかなか手が出せませんでした。安価なタイプですのでフローリング用のアタッチメントは持っておらず、試してみよう!と重い腰を上げて購入、使用してみました。

ケルヒャーはアクセサリーが豊富で機種が古くても互換性あるのが嬉しい

使って良かった点

  • アタッチメントを追加するだけで床掃除もできた
  • 使うまでビビッていたが結果床がとてもキレイに生まれ変わった
  • 長い間使ってなかったが宝の持ち腐れにならずに済んだ

残念な点

  • 出す・片付けるのが面倒になってしまう
  • 途中で給水ができないので床面一気にやるのは難しい
  • スティック部分を購入していないので膝をついての作業になる
  • 使い捨てのクロスがめくれて使いづらい面もある(洗い替えのパッドを何度も使って洗ってをくり返した)

まとめ

無垢フローリングにスチームクリーナーはNGか?と恐れて長年放置してきましたが思い切って使ってみて、良い結果となりました。

スチームクリーナーまとめ
  • 無垢フローリングの床掃除にスチームクリーナーはアリ◎
  • 殺菌もできてワックスがけすることで艶がよみがえる
  • 使い方の注意点はビショビショにしないこと
  • 一か所に集中しすぎない、力を入れすぎない
  • 選ぶときは使う頻度を考えて購入しよう
みき

もし私が新しく買い替えるならボイラー式のスティックタイプが欲しいなー

無垢フローリングは傷がついて凹んだり時間の経過で変色もするけれど、それが味になるし温かみがあります。

新築時に「メンテナンスはほぼいらないよ」(メンテナンスフリー)というコトバの意味を誤解して受け取っていたかもしれません。

合板のメンテナンスがどんななのかわかりませんが、無垢は何もしなくてもいいわけではなく業者の手を借りなくても簡単なお手入れでずっと気持ちのいい床を維持できるということかな?と今は理解しています。

\普段の床掃除にコチラもおすすめ/

Bonaのスプレーモップのついての記事も参考に

床の黒ずみ、汚れが気になったらスチームクリーナーを活用し木肌を生き返らせてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次